探偵に浮気調査を依頼する際に知っておくべきこと

女性探偵のあるある

探偵業界ではなんといっても重宝されるのが女性探偵。

調査対象者が女性であった場合、尾行調査において大活躍してくれるのが女性探偵です。

なにしろ女性調査対象者は退社後や休日などにショッピングに時間をかける場合が多く、しかも女性専門の装飾品売り場をうろつくことも多く、男性探偵では長時間、尾行していくのが困難となってしまう場所があります。

しかも最近では女性専門のファッションビルなどもあり、男性探偵には鬼門となっています。

また調査対象者が男性であった場合でも男性探偵と女性探偵とがアベックを装うことで警戒心を余り持たれません。

しかも女性探偵は髪型、化粧を変えたり、カツラというかウィッグを被ることで表面上、全く印象の違う別人にも簡単になれます。

男性探偵はこうはいきません。

ですから1人の女性探偵が髪型や化粧を変える事で何日も同じ対象者に対して尾行などの調査に携われるのです。

また深夜などの尾行でも重宝されます。

女性対象者の後をつけていく際も痴漢や不審者に間違われることは少なく、時には同じビルやマンションに一緒に入っていっても怪しまれることは少ないのです。

また内偵している際も女性探偵ですと話しやすいのか聞き込み調査では情報を得やすいのです。

よく対象者の居住先近隣から対象者についての人物評などを聞き回る際では初対面の対応は女性の方が男性探偵と比べ感じよいのが普通です。

聞き込む相手が女性の際も玄関を開けてくれて応対してくれる可能性が高いのです。

こんな重宝される女性探偵ですが全く探偵という世界を知らない同性の友人からいろいろと聞かれることがあるそうです。

まず尾行調査において危険な目に遭った事があったかとか怖い思いをしたことがなかったかなど。

これは男性探偵でも聞かれる探偵ならではの「あるある質問」なのですが。

危険な目に遭うというのがどういった事を指しているかは甚だ疑問なのですがテレビドラマのようにカーチェイスしたり、塀や壁などをよじ登り、住居や施設に忍び込むなど命の危険にさらされるようなことはまずあり得ません。

そして次には小説やドラマ、映画などのストーリーから勝手に想像してなのでしょうが「ハニートラップ」的に身体をかけるというか女性を武器にするような事もすることがあるのかという質問です。

探偵をしている者としては笑ってしまいますが女性探偵を女性スパイか何かと間違えているような質問です。

この身体関係についてはけっこう聞かれるのだそうです。

何か特殊工作として対象者やその関係者と一夜を共にして情報を取得しなければならないような場面があるの?とか聞かれたことがあるそうなのですが正式な探偵として登録しているところではそんな行為もありませんし強制もしていません。

よく探偵ではない「別れさせ屋」の女性スタッフが業務として相手男性と深い仲になるというケースは聞きますが何か性風俗関係の業種に就いている女性を臨時で雇っているとも聞きました。

更に、潜入調査としてソープランドとかホテトルなどの性風俗店舗などに従業員やバイト登録して潜入活動するとかいう話もいっさいありません。

せいぜい飲食店などに客として入る潜入調査くらいで、夜のホストクラブなどは女性探偵が潜入し活躍できる場所のひとつでしょう。

過去にはホストクラブへ客として潜入し対象者が指名しているホストを割り出したり、店舗内での飲食状況を観察するという依頼も何度かありました。

女性探偵であっても全く派手な事はなく、地道な尾行、張り込み、聞き込みなどのアナログ的調査に就くのです。

正直、深夜の張り込み、風俗街などの繁華街での張り込みなどにおいては女性探偵は不向きかもしれません。

酔っぱらいや不良人物からの妨害行為を受けやすいのです。

こういった場面では若干の危険はあるかもしれませんが治安の良い日本ではそうそうありません。

ただ、こういった際には男性探偵と一緒に張り込んだり、男性探偵と代わって貰うなど各探偵事務所でもいろいろと対策は講じているようです。

有能な女性探偵に恵まれた探偵事務所は調査の成功率は高いと言っても過言ではないでしょう。