探偵に浮気調査を依頼する際に知っておくべきこと

自称探偵とプロフェッショナルな探偵の違い

プロフェッショナルな存在は探偵業界に限らず、どんな仕事においても「無言で多くの業務を遂行可能な人物」と言えます。

このような出来る人物に対して事あるごとに「あれが邪魔でうまくいかない」「これが影響して結果がでない」などの言い訳が多い人物はプロフェッショナルとは言えません。

探偵業界でも実働して結果を出せる人物がプロフェッショナルな探偵であり、理由ばかり先行して結果が伴わない人物が自称探偵というくくりになるのです。

確かに探偵事務所に所属していたり、個人で公安委員会に探偵業の届出をすれば一応、プロの探偵となりますが個々で言う自称探偵とは実力の伴わない素人探偵の事を指します。

プロフェッショナルな探偵は他人に頼ることなく多くの調査業務を完遂することができるのです。

時間も労力も自身の可能な範囲で結果を出せる案件ならば「探偵数名分の働きも調査内容によっては可能」となるものです。

それくらいに探偵業務には個々の調査力に大きな実力差が存在するものなのです。

このような事実を認識していない探偵は大きな勘違いか認識違いがある探偵事務所で育った人物と言えるでしょう。

世間は広く自身が「井の中の蛙大海を知らず」等の状況にあることさえ理解していないのです。

探偵業界にも上には上が存在するものなのです。

プロフェッショナルな探偵とは結果に執着した調査を必ず実施し「依頼者にとって頼もしい存在」になれる探偵のことです。

結果を出すことに執着しない調査を実施する探偵は「腕の悪い探偵」と判断でき、そのような空気が存在する探偵事務所は悪質な探偵と判断可能な業務が存在してしまうものです。

社会では一般的な企業の姿勢に「企業努力」という良い結果を導き出すために必要な努力や姿勢を保つための研修なども行われていますが「優良な企業に欠かせない姿勢」として広く認識されています。

探偵業界で置き換えるならばこの企業努力は調査現場で実施される「調査を実施する人物のプロ意識」に大きく関わるところであると個人的には考えているのです。

プロ意識が高い探偵が数多く在籍する探偵事務所は「依頼者にとって頼もしい存在」となることは間違いないでしょうし、よっぽど難易度が高い案件でなければミスは発生しないことでしょう。

探偵個々のプロ意識や「調査の難易度に対する意識」が高いことは「一つ一つの調査に対す準備を怠らない姿勢」や「些細な判断ミス」が起こらないための緊張感に通じるものと考えられるのです。

調査力を有していない探偵事務所も存在するのです。

現代の探偵は「下請け探偵」という2次業者を利用し現場での調査は実施しないカタチで利益を得る探偵が存在します。

現場の調査を実施可能なお抱え探偵を自社で雇用することが経営的にできない探偵が数多く存在し、勘違いした業務を実施する探偵が存在している野です。

依頼者的には下請け探偵を調査に投入することがどういうことか?理解していない方が多く、「依頼した探偵自身に調査力が存在しない」という認識がないと言えるのです。

確かに現場で浮気の証拠を取得する等の場面では「依頼した探偵の調査力が問われる」場面は有りませんが、仮に浮気相手の素性を調べることが必要となった場合には「身元情報を得る調査力を有していない」ことが原因で浮気相手の素性を調べることは「別の探偵に依頼しなければならない」などの「無責任で実力不足な探偵である」ことが後に露呈するのです。

このような探偵は現代には数多く存在しているのです。

探偵が他社探偵を頼るという実に情けない状況が実際に起こっているのです。

探偵としてのプロ意識がどういうものか?

知らずに探偵になっている人物が実際に多いということが伺え、探偵業界全体の評価にも関わるお話しですので「調査力を持たない探偵は実力不足である」という事実を知った上で探偵との相談や面談に活かしていただきたいと進言するのです。

貴方の目でプロフェッショナルな探偵を選別し「頼もしい存在」として活用して下さい。

プロフェッショナルな探偵ならきっと期待に応えられるはずです。